2019年03月26日

ドイツIV号戦車 Vol.2 [ E型 〜 F型 ]


■E型の構造
生産状況、車体各部の特徴、D型との相違点、生産後の変更部分等を解説。5ページ。

■F型の構造
生産状況、車体各部の特徴、F型からの変更部分、生産中と生産後の変更部分等を解説。9ページ。

■E型〜F型写真集
バルカン侵攻作戦、バルバロッサ作戦(東部戦線)、北アフリカ戦線の戦場写真を収録。56ページ。

■IV号戦車図面集(1)
A型からG型の1942年生産車までを1/35の4面図で収録。24ページ。

この別冊は、グランドパワー2015年8月号に収録していた「ドイツIV号戦車(2)」の記事と、同2003年4月号〜6月号に収録していた図面を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

Tous Les Laffly Militaires 1914-1940


posted by 都の御曹司 at 16:34| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tous les Renaults Militaires 1914 - 1940 Volume 1


posted by 都の御曹司 at 16:31| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

グランドパワー 2019年04月号:特集 ソ連軍主力戦車(1)


ソ連軍主力戦車(1)

■T-34後継戦車開発計画
T-34後継戦車開発計画、T-34の後継戦車T-44、T-44の構造、T-44の生産、T-44の部隊配備を解説。6ページ。

■戦後型中戦車T-54の登場
T-44の後継T-54の開発、試作車の試験、T-54の生産を解説。2ページ。

■T-54各型の生産
最初の生産型47年式T-54、本格的生産型49年式T-54、49年式T-54の特徴、51年式T-54の生産、T-54AとT-54Bの生産を解説。4ページ。

■T-54の各型式
1945年式、1946年式、初の生産バージョン1947年式、真の意味での生産型1949年式、本格的な量産型1951年式、指揮戦車型T-54K、呼称を改めた改良型T-54A、A型ベースの指揮戦車型T-54AK、T-54シリーズの最終生産型Tー54B、B型ベースのT-54BK指揮戦車、生産終了後の各種改修を解説。24ページ。

■T-54シリーズの構造
車体、潜水機材の導入、走行装置、砲塔、武装を解説。18ページ。

■T-54シリーズの派生型
SU-122/54突撃砲、ZSU-57-2対空戦車、MTU-12架橋戦車、MOTブリッヂ・レイヤー、PT-54地雷処理装置、複合型地雷処理装置搭載T-54、PT-55地雷処理装置、BTU標準型戦車装着ドーザー、STU-2排雪プラウ、STU-3排雪プラウ、PST-54浮航フロート、PST-U浮航器材、BST-2/-4中戦車牽引車、火炎放射戦車オブイェークト483、火炎放射戦車オブイェークト483等を解説。24ページ。

■T-55中戦車の開発
戦後最大のベストセラー戦車T-55、T-55中戦車の開発、対戦術核能力、T-54との相違点、生産を解説。10ページ。

■T-55の派生型
1970年式T-54、T-55の近代化改修T-55M、T-55MV /AMV、T-55の指揮車型Kシリーズ、地雷処理車RT-55、架橋戦車MTU-20、タイフン対戦車ミサイル搭載車、BTR-T重装甲兵員輸送車BMP-55歩兵戦闘車、T-55AGM、ソ連以外で生産したT-55シリーズを解説。16ページ。

■中東におけるT-54/55シリーズの近代化改修
エジプト、インド、イラク、イスラエル、T-55装備国一覧を解説。6ページ。

[ドイツ軍用車輌写真集(3)]
水陸両用車トリッペルとシュビムワーゲンを収録。14ページ。

[巻頭カラーページ]
パロラ戦車博物館の実動する戦闘車輌を収録。2018年7月に行われたファミリーディと呼ばれるスペシャルイベントで実際に走行している、レオパルト2、フインランド国産のパトリシアAMV、BMP-1を紹介。16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

グランドパワー 2019年03月号 : 特集 ドイツV号戦車 ( 2 )  

[ドイツV号戦車(2)]
■E型
開発、生産、シャシー(車体下部)、戦闘室(上部車体乗員室)、機関室上部(上部車体後方部)、走行装置、動力関係、車内装備、フェンダーと車外装備、砲塔を解説。18ページ。

■F型
生産、F型の特徴、F型生産過程における変更箇所を解説。6ページ。

■G型
生産、シャシー、戦闘室(上部車体乗員室)、機関室上部、走行装置、フェンダーと車外装備、砲塔、主砲、G型生産過程における変更箇所を解説。8ページ。

■E/F/G型の再武装と改修
前線から後送となった車体を改修して武装強化を行なった車体を解説。1.5ページ。

■E/F/G型における部隊配備後の変更
武装強化や潜水型等に改良した箇所を解説。1.5ページ。

■V号戦車写真集(2)
フランス戦、バルカン侵攻、東部戦線、アフリカ戦線のV号戦車E型、F型、G型を紹介。72ページ。

[ドイツ軍用車輌写真集(2)]
2019年2月号に引き続き、キューベルワーゲンを収録。15ページ。

[巻頭カラーページ]
ロシアで展示中のT-34戦車を収録。モスクワ郊外、T-34博物館、モスクワの勝利公園に展示中のT-34を中心に掲載。16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

ドイツIV号戦車 Vol.1 [ A型 〜 D型 ]

■IV号戦車誕生までの軌跡
IV号戦車開発の背景とその過程を解説。グデーリアンと装甲師団構想、Z.W.とB.W.、グローストラクトア、ノイバウファールツォイク、B.W.開発計画、クルップ社製B.W.試作車、ラインメタル社製B.W.試作車等の項目で解説。8ページ。

■A型の開発と構造
下部車体、上部車体、機関室、走行装置、動力関係、車内装備、フェンダー、車外装備品、砲塔、主砲、砲塔内の付属装備品、生産後の改良箇所をイラストとデーター表を含めて解説。10ページ。

■B型の開発と構造
車体各部の構造と生産後の改良箇所を解説。5ページ。

■C型の開発と構造
改善箇所と生産後の改良箇所を解説。2ページ。

■D型の開発と構造
車体下部、車体上部、機関室、砲塔、その他の変更点、増加装甲、生産後の改良箇所を解説。9ページ。

■IV号戦車A型〜D型のディテール
次の部分の変遷を、イラストと写真転輪で解説。ダンパー、上部指示転輪、D型ピストルポート前方増加装甲板、エンジン吸気口。9ページ。

■A型〜D型写真集
ポーランド侵攻、フランス戦、バルバロッサ作戦、北アフリカ等でのIV号戦車A型〜D型を紹介。51ページ。

この別冊は、グランドパワー2015年6月号に収録していた「ドイツIV号戦車(1)」、同2016年9月号に収録していた「ドイツIV号戦車(6)」の記事を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

グランドパワー  2019年 02 月号 : 特集 米軍装輪装甲車開発史


[米軍装輪装甲車開発史]
■装輪式装甲車開発の黎明期
装輪式装甲車開発の初期、第1次大戦にアメリカ製自動車のシャシーを使った連合軍装甲車、大戦間期のアメリカでの装輪式装甲車の開発状況を解説。生産した多種の装甲車を写真とともに紹介。20ページ。
■M3偵察車の開発
M3偵察車開発の経緯、M3A1偵察車の構造、派生型、M3A1偵察車に続く試作偵察車軍を解説。初期は乗用車を改造した車体だったが、改良を行いM3偵察車に到達する過程を解説。22ページ。
■新型装輪式装甲車開発計画
装輪式水陸装甲車シリーズ、新世代装甲車計画、新たな中/重装甲車計画、シボレー部門の試作装甲車T17E1、フォード自動車の試作装甲車T17、ゼネラル自動車トラック&コーチ部門の試作装甲車T18を解説。水陸両用型車体と新世代に向けた試作車、スタックハウンドを中心に解説。26ページ。
■6輪装甲車の開発
新型6輪装甲車T19、M8装甲車の構造、派生型M20多用途車、派生型T69自走対空車輌、装甲化学戦車輌T30を解説。M8装甲車の開発、構造、派生型を紹介。16ページ。
■新軽量型装甲車T27/T28と装輪式対戦車自走砲
6輪装甲車M8からの発展型として試作した、8輪型のT27、6輪型のT28を解説するとともに、試作車を多数製造した装輪式対戦車自走砲も収録。12ページ。
■その他の装輪式自走砲
装輪式自走火力支援車、12.7mm機銃M2搭載自走対空車輌を解説。4ページ。

[ドイツ軍用車輌写真集(1)]
キューベルワーゲンの戦場での姿を紹介。22ページ。

[巻頭カラーページ]
第10師団が実施した2009年、2013年、2017年のLCACによる揚陸訓練(11ページ)と、第6師団が行なった2012年の鉄道機動訓練(5ページ)を収録。

posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

ドイツ軍 ハーフトラック Vol. 2

■8tハーフトラック(Sd.Kfz。7)の開発と構造
KMZ100、生産型8tハーフトラック、KMm8、KMm9、KMm10、KMm11を解説。12ページ。

■8tハーフトラックの派生型
8.8cm砲ブンカーノッカー牽引装甲型、2cm4連装高射機関砲塔載型、5cm高射砲塔載型、3.7cm高射機関砲塔載型、高射機関砲観測要員搬送特殊車輌、V2ロケット装甲発射管制車等を解説。10ページ。

■8tハーフトラック写真集
戦場写真を中心に紹介。24ページ。

■2cm4連装高射機関砲塔載型写真集
対空型の車体を紹介。12ページ。

■3.7cm高射機関砲塔載型写真集
3.7cm高射砲塔載型を紹介。14ぺーじ。

■A4ロケット装甲発射管制車写真集
A4ロケットの発射管制車の車体を解説。2ページ。

■12t重ハーフトラックの開発と構造
開発、構造、派生型、部隊配備状況を解説。8ページ。

■18t重ハーフトラックの開発と構造
構造、派生型、部隊配備状況を解説。6ページ。

■12t、18t重ハーフトラック写真集
戦場写真を中心に紹介。26ページ。

■ハーフトラック改造対戦車自走砲
3.7cmおよび7.5cm対戦車砲塔載自走車台、70口径3.7cm対戦車砲塔載自走車台、40.8口径7.5cm砲塔載自走車台T型、41口径7.5cm砲塔載装甲自走車台U型、8.8cmFlak18塔載12t重牽引ハーフトラック、8.8cmFlak塔載12t重牽引ハーフトラック、を解説。12ページ。

この別冊は、グランドパワー2012年9月号に収録していた「ドイツ・ハーフトラック改造対戦車自走砲」、同2013年12月号に収録していた「ドイツ軍重牽引ハーフトラック」、同2015年5月号に収録していた「ドイツ8tハーフトラック」の記事を再編集してものです。
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

Churchill & Co : Britische Panzer 1939-1945


posted by 都の御曹司 at 10:38| Motor buch Verlag | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T 34 : Russlands Standard-Panzer im Zweiten Weltkrieg


posted by 都の御曹司 at 10:36| Motor buch Verlag | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

グランドパワー 2019年1月号:特集 ドイツIII号戦車(1)

[ドイツIII号戦車(1)]
■III号戦車誕生までの軌跡
戦車が登場した第1次世界大戦、第1次世界大戦後の状況、ベルサイユ条約下でのドイツの戦車開発、グデーリアンが与えた影響とともにIII号戦車の開発と生産方式を解説。15ページ。

■III号戦車A型 1/Z.W. (Sd.Kfz.141)
生産、シャシー、戦闘室、機関室上部、装甲装置、動力関係、車内装備、フェンダーと車外装備、砲塔、主砲3.7cmKwK、副武装MG34機銃を解説。14ページ。

■III号戦車B型 2/Z.W. (Sd.Kfz.141)
生産とともにA型から変化した、シャシー、戦闘室、機関室上部、走行装置、動力関係、車内装備、フェンダーと車外装備、砲塔を解説。4ページ。

■III号戦車C型 3a/Z.W. (Sd.Kfz.141)

生産とともにB型から変化した、シャシー、戦闘室、機関室上部、走行装置、動力関係、フェンダーと車外装備、砲塔を解説。3ページ。
■III号戦車D型 3b/Z.W. (Sd.Kfz.141)
生産とともにC型から変化した、シャシー、機関室上部、走行装置、動力関係、車内装備、フェンダーと車外装備を解説。6ページ。

■B型砲塔塔載のIII号戦車D型 3b/Z.W. (Sd.Kfz.141)
5輌が完成した車体の生産と特徴を解説。1ページ。

■III号戦車写真集(1)
A型からD型を中心に、E型、F型、G型も収録。35ページ。

[ソ連軍IS重戦車写真集]
IS-1からIS-3を中心に、各種の試作車も含めて紹介。44ページ。

[巻頭カラーページ]
北部方面隊で本年10月29日から11月3日に行なわれた、「平成30年度師団戦車射撃競技会」を12ページで紹介。後半は、III号戦車カラー写真集を4ページ収録。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

ドイツ軍ハーフトラック Vol.1

■1tハーフトラック Sd.Kfz.10
Sd.Kfz.10の開発と試作車Dシリーズ、生産型D.7、Sd.Kfz.10の生産、エンジンと変速機の生産、生産中の改良点、Sd.Kfz.10 B型車台、派生型Sd.Kfz.10/1〜3を解説。後半は写真集11ページを収録。Sd.Kfz.10は24ページ。

■1tハーフトラック 2cm 機関砲塔載対空自走砲 Sd.Kfz.10/4、10/5
開発、技術的特長、生産状況、Sd.Kfz.10/4とSd.Kfz.10/5の変更箇所、増加装甲、編成、1940年〜41における陸軍部隊の配備状況、ドイツ空軍部隊の軽対空大隊を解説。後半は写真集10ページを収録。Sd.Kfz.10/4と10/5は18ページ。

■3tハーフトラック Sd.Kfz.11
開発、技術的特長、Sd.Kfz.11の各型、生産、生産中の改良箇所、輸出型Sd.Kfz.11、3tハーフトラック木製車体型、木製車体型の生産を解説。後半は写真集3ページを収録。Sd.Kfz.11は16ページ。

■3tハーフトラック Sd.Kfz.11の派生型
ネーベル部隊の誕生、ネーベル部隊向け車体(Sd.Kfz.11/1、11/2、11/3、11/4、11/5)、ネーベル部隊の編成、ネーベルヴェルファーの呼称変更、装甲付2cm高射機関砲塔載自走砲(Sd.Kfz.11/1)、ロケット車輌を解説。32ページ。

■5tハーフトラック Sd.Kfz.6、s.W.S.
5tハーフトラックの開発、軽不整地装甲用牽引車KM14/BN14、軽不整地装甲用牽引車KM15/BN15、5t中型牽引車輌BN17/DB17(Sd.Kfz.6と6/1) 、5t中型牽引車輌BN18/DB18(Sd.Kfz.6と6/1)、5t中型牽引車輌BN9/DB9b(Sd.Kfz.6と6/1)、5t中型牽引車BN11(Sd.Kfz.6)、Sd.Kfz.6と6/1の生産、5t対空自走砲Sd.Kfz.6/2、牽引型Sd.Kfz.6と6/1の配備、自走対空型Sd.Kfz.6/2の配備、s.W.S.(重国防軍牽引車)、s.W. S.牽引車の生産、s.W.S.自走対空型を解説。後半は写真集6ページ。Sd.Kfz.6とs.W. S.は20ページ。

この別冊は、グランドパワー2010年2月号に収録していた「1tハーフトラック Sd.Kfz.10」、同2010年6月号に収録していた「1tハーフトラック 2cm 機関砲塔載対空自走砲 Sd.Kfz.10/4、10/5」、同2010年7月号に収録していた「3tハーフトラック Sd.Kfz.11」、同2010年9月号に収録していた「3tハーフトラック Sd.Kfz.11の派生型」、同2011年5月号に収録していた「5tハーフトラック Sd.Kfz.6 & s.W.S.」を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

グランドパワー 2018年12月号:特集 ソ連軍重戦車 T10

[ソ連軍重戦車T10]
■開発
IS-3重戦車の後継戦車開発を多数の試作車体とともに解説。IS-4、IS-5、IS-6、IS-7、IS-8からT−10の生産開始までを解説。20ページ。

■構造
車体、機関室、走行装置、砲塔と戦闘区画、武装に区分して、マニュアルからのイラスト多数とともに解説。16ページ。

■各型
T-10な発展型である、T-10A、T-10B、T-10M、T-10MK指揮戦車を解説。14ページ。

■派生型
地雷除去車輌シリーズ、試作重戦車オブイェークト265、変速機試作車、射撃統制装置試験車、オブイェークト268自走砲、オブイェークト730自走砲第1形態〜第5形態、各種の対戦車ミサイル塔載型、消化装置試験車、浮航装置試験車、強化型対NBC機材、T-10武装強化計画、対戦車ミサイル防御システム塔載車、T-10向けレーダー測距儀、T-10向け装甲メッシュ、T-10向け潜水機材、2S7自走砲計画、核動力塔載試験車等を網羅。38ページ。

■戦術ロケット弾計画 オブイェークト800シリーズ
自走式戦術核ロケット弾計画に基づき開発した、中距離弾道ミサイル塔載車を解説。8ページ。

■T-10Mディテール写真集
ウクライナ共和国の首都キエフに設けられている大祖国戦争記念館に展示している、T-10Mを中心にその細部を詳細に解説。11ページ。

■IS-3とIS-4写真集
訓練、試験中、パレード参加等のIS-3とIS-4の姿を紹介。15ページ。

[巻頭カラーページ]
世界の戦車博物館(4)としてソミュールのドイツ戦闘車輌を紹介。ヴェスペ、Sd.Kfz.251、オチキス38H(f)10.5cm自走砲、マーダーI、マーダーIIIG、マーダーIIIM、III/IV号15cm自走榴弾砲フンメル、メーベルワーゲン、マウルティアー、ベルゲパンター、ネーベルベルファー、ゴリアテ、ハノマーク牽引車、シュビムワーゲン、トリッペル、シュコダVz.34、フィールドキッチンを収録。16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする