2017年07月27日

グランドパワー 2017年9月号:特集 日本軍水陸両用戦車

■日本軍水陸両用戦車
特二式内火艇(カミ)、特三式内火艇(カチ)、特四式内火艇(カツ)、特五式内火艇(トク)、特四式内火艇部隊の生産と配備を解説。各内火艇の構造と戦闘での状況等を解説。海上輸送中の写真やアメリカ軍が撮影した写真を多数掲載。カチ車(特三式内火艇)に関する当時の図面も収録。日本軍が開発した海上から海岸地域に上陸して戦闘を行なう水陸両用戦車を解説した価値ある特集。60ページ。

■ハンガリーのトゥラーン中戦車
開発の過程と生産、トゥラーンI、II、IIIの特徴、派生型の指揮戦車を解説。車体構造は、車体全般、エンジン/変速機、砲塔、武装、走行装置を解説。実戦記録も収録。紹介することが少ないトゥラーン中戦車を解説した貴重な特集。42ページ。

■昭和55年度陸上自衛隊観閲式写真集
警務隊、偵察隊、60式装甲車、73式装甲兵員輸送車、73式牽引車と203mm榴弾砲M2、74式戦車等を紹介。10ページ。

■マニュアルで見るM36B2駆逐戦車その9
今回はクラッチ部分とその操作を伝える部分を紹介。10ページ。

■巻頭カラーページ
陸上自衛隊の演習と各種行事を収録。第2師団第25戦闘団総合戦闘射撃、3ページ。第3師団創立56周年記念行事、2ページ。第63回航空自衛隊防府南基地開庁記念行事、2ページ。第4師団創立63周年記念行事、2ページ。第7師団創隊62周年記念行事、4ページ。第11旅団創立9周年記念行事、3ページ。巻頭カラーは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

グランドパワー 2017年8月号:特集 ソ連軍 T34 戦車 ( 2 )

■ソ連軍T-34戦車(2)
T-44戦車、T-34-57戦車駆逐車、T-34火炎放射戦車、T-34戦車装甲強化型、T-34自走砲架、AT-42重牽引車を解説。T-34の開発過程を知るには欠かせない特集。20ページ。

■T-34戦車写真集
76mm砲塔載型を中心に収録した写真集。太平洋戦幾の1941年から1944年に撮影したT-34の戦場写真集。64ページ。

■陸自神宮外苑観閲式写真集
昭和36年から40年代に行なわれた神宮外苑観閲式を紹介。60式自走無反動砲、60式装甲車、M4A3E8中戦車、M4戦車橋、60式81mm自走迫撃砲等を収録。30ページ。

■マニュアルで見るM36B2駆逐戦車その8
エンジンの冷却装置と動力伝達装置を中心に8ページを収録。

■巻頭カラーページ
善通寺駐屯地開設67周年記念行事7ページ、大村駐屯地創立65周年記念行事4ページ、大津駐屯地創立58周年記念行事2ページ、キャンプ富士の米軍車輌3ページで紹介。カラー計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

グランドパワー 2017年7月号:特集 重戦車ティーガー ( 1 )

今回はティーガー戦車の開発過程と、基本的な車体である初期型を中心に解説。解説にあたり写真と多数のイラストを並行して収録を行ない、その構造と仕組みを解明。

■重戦車ティーガー(1)
第2次大戦前に開発していた突破車輌(DW)からその開発過程を解説。その後に開発したVK3001、VK3601、ポルシェ100型VK3001(P)、VK4501(P)は車体各部と構造を解説。ティーガーI戦車の初期型各部の構造を中心に車体各部を細部に区分して、多数のイラスト、多くの諸元表、写真とともに解説。ティーガー戦車のメカニズムを解明した保存版的な価値ある特集。66ページ。

■ティーガーの開発と構造写真集
製造工場の写真と現地部隊の整備中の写真から内部構造を解説するとともに、戦場で撮影した車体細部が写っている写真から車体各部を解説。イラスト多数収録。54ページ。

■巻頭カラーページ
陸上自衛隊の松本駐屯地創設67周年記念行事3ページ、信太山駐屯地創立60周年記念行事4ページ、神町駐屯地創設61周年記念行事2ページ、宇都宮駐屯地創立66周年記念行事2ページ、滝ヶ原駐屯地創立43周年記念行事2ページ、郡山駐屯地設立64周年記念行事3ページを収録。参加した戦闘車輌と装備を解説。カラーは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

グランドパワー 2017年 06 月号 : 特集 バレンタインの開発と構造

イギリス歩兵戦車「バレンタイン」の開発過程、車体内部と外部の細部構造、派生型を解説。新資料を基にバレンタイン戦車を紹介した貴重な資料である。

■バレンタインの開発と構造
開発経緯とともに、車体、機関系、足回り、砲塔、武装に区分して解説。当時のマニュアルのイラストも多数掲載。各型の解説と生産状況も解説。34ページ。

■バレンタイン歩兵戦車の派生型
25ポンド砲塔載自走砲ビショップ、17ポンド対戦車自走砲ビショップ、水陸両用DD仕様、架橋戦車、火炎放射戦車、地雷処理車、重バレンタイン、操縦訓練車、ビルマーク、迫撃砲搭載車、化学戦防護車、溶接構造車体型を解説。28ページ。

■各国での配備状況と戦場でのバレンタイン
イギリス本国、北アフリカ、極東戦域、ソ連軍が装備したバレンタインの戦闘状況を解説。6ページ。

■バレンタイン戦車シリーズ写真集
北アフリカ戦線やイギリス本土での訓練中の場面、ソ連軍が装備した車体、ビショップ、アーチャー、架橋戦車型等を収録。54ページ。

■巻頭カラーページ
陸上自衛隊の川内駐屯地32周年記念行事3ページ、目達原駐屯地創立63周年記念行事4ページ、新町駐屯地創立66周年記念行事4ページ、駒門駐屯地創立27周年記念行事2ページ、相馬原駐屯地創立58周年記念行事3ページを収録。参加した戦闘車輌と航空機等を解説。
posted by 都の御曹司 at 14:37| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駆逐戦車ヘッツァー

■開発
1943年から激化した連合軍航空機の爆撃により、III号突撃砲生産工場の生産能力は低下した。この対策として開発したのがヘッツァーである。開発の経緯、生産計画、呼称変化を解説。4ページ。

■構造
車台、戦闘室、機関室、走行装置、武装をイラストとともに詳しく解説。7ページ。

■生産と部隊編成
生産中の変更部分を詳細に解説するとともに、各月の生産数、ヘッツァーを配備した部隊の編成と配備部隊を解説。7ページ。

■駆逐戦車ヘッツァー写真集
試作車から生産車、各戦線でのヘッツァーの姿を紹介。42ページ。

■ヘッツァーの構成部品
ドイツ軍の整備マニュアルに掲載していた各種構成部品の分解した写真を収録。戦闘室上部、ペリスコープ、機関室上部、マフラー、機関室内部、エンジン、転輪等の部品の形状の細部を確認することができる。12ページ。

■ヘッツァーの派生型
指揮戦車型、38式回収戦車、38式火焔放射戦車、15cm重歩兵砲s.I.G.33/搭載38式駆逐戦車、38式偵察戦車、38式駆逐戦車シュタール、蒸気機関牽引型、38D駆逐戦車を解説。8ページ。

■派生型写真集
回収戦車、15cm重歩兵砲s.I.G.33/搭載型、シュタール型を中心に収録。14ページ。

この別冊は、グランドパワー2013年6月号に収録していた「駆逐戦車ヘッツァー」を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 14:33| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラスト・オブ・カンプフグルッペ V

「小説より奇なる」戦闘部隊の奮闘、第5弾。

壊滅的な打撃を受けたはずが、恐るべき補充・輸送能力をもって瞬く間に再編成してみせた部隊。敵の軍服や装備に身を固め、鹵獲した兵器を使って敵を陥れる秘密作戦部隊(露見すればスパイとして銃殺)。敵に追われながら、イタリア軍のP-40重戦車を駆って急峻なアルプスを越えた山岳部隊。戦闘には縁遠い離島警備で終わるはずが、運命のいたずらで過酷な末期線を戦うことになった戦車大隊など。

大きな戦争の狭間に埋もれた小戦闘や、歴史に埋もれた奇妙な物語をたんねんに掘り起こした異色の戦闘記録シリーズ第5巻。250枚以上の写真、具体的な兵器を図示した詳細な編成図、物語に登場する各部隊のマークも掲載。



posted by 都の御曹司 at 10:47| 大日本絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

Panther


posted by 都の御曹司 at 14:51| Osprey General Military & Weapon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

Deutsche Eisenbahngeschuetze


posted by 都の御曹司 at 17:43| Motor buch Verlag | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fahrzeuge der Reichswehr : Radfahrzeuge 1920 - 1935


posted by 都の御曹司 at 17:42| Motor buch Verlag | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

Panzer II & Luchs : The World War II German Basic Light Tank


posted by 都の御曹司 at 12:07| KAGERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sd.kfz. 121 Panzer II : All Versions and Luchs


posted by 都の御曹司 at 12:05| KAGERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Panzer IV Ausf. H and Ausf. J Vol.1


posted by 都の御曹司 at 12:02| KAGERO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

グランドパワー 2017年5月号:特集 パンター戦車派生型 

各派生型の開発、生産、構造を解説。パンター戦車の派生型を網羅した資料的価値が高い特集。

■パンター戦車派生型
指揮戦車(Sd.Kfz.267/Sd.Kfz.268)は、搭載無線機等の通信装置を重点に解説。パンターII戦車は、開発と生産状況、パンター戦車との相違点や車体の特徴を解説。パンターF型は、搭載していたシュマール砲塔の構造を中心に詳しく解説するとともに、G型車体との相違点を解説。71口径8.8cm戦車砲搭載シュマール砲塔も解説。その他に、砲兵観測車、対空戦車ケーリアン、15cm突撃臼砲戦車、M10偽装パンター戦車を収録。28ページ。

■パンター戦車派生型写真集
各戦域の指揮戦車、イギリス軍が試験を行ったF型砲塔とともにボービントン戦車博物館に展示していたF型砲塔、M10偽装パンター戦車を収録。28ページ。

■現存するパンター戦車ディテール写真集
下記博物館に展示しているパンターの車体各部のクローズアップ写真を多数収録。詳しい解説により、その構造と各型の変遷を紹介。オランダ・ブレダにモニュメントとして展示中のD型、スイス・トゥーン博物館のA型、フランス・ソミュール戦車博物館のA型、アメリカ・アバディーン陸軍兵器博物館のA型とG型、ベルギー・ウッファリーズにモニュメントとして展示中のG型、アメリカ・パットン戦車博物館のG型、イギリス・ボービントン戦車博物館のG型を収録。66ページ。

■巻頭カラーページ
陸上自衛隊の第2戦車連隊第4中隊の冬季訓練検閲7ページ、同木更津駐屯地創立48周年記念行事4ページ、同春日井駐屯地創立50周年記念行事5ページを収録。多数の装備車輌と装備品を紹介。カラーは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする