2016年10月29日

ティーガー カムフラージュ & マーキング Vol.3 [ 東部戦線 (2) : 中期型 〜 後期型 ]

東部戦線のウクライナ、エストニア、リトアニア、ロシア中部等の地域で、中期型と後期期型を装備した部隊の塗装とマーキングを多数のカラーイラストとともに解説。部隊編成を多数の編成表を含めて解説。装備車輌の特徴と塗装とマーキングについても解説。砲塔番号やマーキングを確認できる写真を多数収録。Vol.1とVol.2とともに資料性高い別冊。

■ティーガーの塗装とマーキングVol.3
[東部戦線(2):中期型〜後期型]
●第502重戦車大隊第3中隊所属車輌1944年春:ロシア中部戦区●第502重戦車大隊第2中隊所属車輌1944年2月:エストニア・ナルヴァ近郊●第502重戦車大隊第1中隊所属車輌1944年8月:リトアニア・メーメル近郊●第503重戦車大隊第2中隊所属車輌1944年2月:チェルカッシー近郊●第503重戦車大隊(北ウクライナ第1戦車教導集団第1ティーガー教導中隊所属車輌)1944年5月:ウクライナ/コローミア●第505重戦車大隊第2中隊所属車輌1944年2月:ロシア中部・オルシャ近郊●第505重戦車大隊第3中隊所属車輌1944年春:ロシア中部●第506重戦車大隊第1中隊所属車輌1944年4月:ウクライナ/レンベルグ近郊●第507重戦車大隊第1中隊所属車輌1944年4月:ポーランド/ブロディ近郊●第509重戦車大隊第1中隊所属車輌1943年11〜12月:ロシア/ジトミール周辺●第509重戦車大隊第2中隊所属車輌1944年夏:ウクラウナ西部●第510重戦車大隊第1中隊所属車輌1944年8月:リトアニア/アクメネ近郊●SS第1戦車連隊所属車輌(ライプシュタンデルテSSアドルフ・ヒトラー師団)1944年3月:ウクライナ西部●SS第2戦車連隊第8中隊所属車輌(ダスライヒ師団)1943年2月:ウクライナ/プロスクロフ近郊●SS第3戦車連隊第9中隊所属車輌(トーテンコップフ師団)1944年3月:ウクライナ/ベルヴォマイスク近郊●グロースドイチュラント戦車連隊第III大隊第9中隊所属車輌1944年8月:リトアニア/グムビンネン カラーイラスト計16ページ。

■第501重戦車大隊 7ページ
■第502重戦車大隊 9ページ
■第503重戦車大隊 6ページ
■第505重戦車大隊 8ページ
■第506重戦車大隊 6ページ
■第507重戦車大隊 6ページ
■第509重戦車大隊 2ページ
■第510重戦車大隊 2ページ
■(LSSAH)SS第1戦車連隊重戦車中隊 4ページ
■(ダスライヒ)SS第2戦車連隊重戦車中隊 3ページ
■(トーテンコップフ)SS第3戦車連隊重戦車中隊 3ページ
■グロースドイチュラント(GD)戦車連隊重戦車中隊 5ページ
■ティーガーマンハンドブック 17ページ
ティーガー乗員向けの当時のハンドブック「ティーガー・フィーベル」を抜粋/翻訳して掲載。車長、砲手、操縦手、装填手、無線手に区分して運用と操作上で留意すべき事項等を多数のイラストとともに紹介。17ページ。

この別冊は、グランドパワー2009年5月号「ティーガー カラーズ(3)」に収録していた記事と1990年6月号別冊「ティーガー」に収録していた「ティーガーマンハンドブック」の記事を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 12:39| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グランドパワー 2016年12月号 : 特集 チャーチルの開発と構造

■チャーチルの開発と構造
 第1次大戦後のイギリス戦車開発、A20とA22とチャーチル戦車の関係、チャーチル戦車の車体の細部構造、エンジン等の機関系、走行装置、砲塔、武装を詳細に解説するとともに、Mk.1からMk.XI各型の車体各部の差異も解説。A43ブラックプリンスとシャーマン戦車の砲塔を搭載したMk.IV NA75についても解説。後半は、部隊配備後のディエップ上陸作戦、北アフリカの戦闘、イタリアの戦闘、北フランスからドイツの戦闘、朝鮮戦争でのチャーチル配備部隊の戦闘を解説。後半は「歩兵戦車チャーチル写真集」として、初陣から1945年4月までのチャーチル戦車の勇姿を、車体各部の構造と迷彩塗装の解説も交えて収録。113ページ。

■マニュアルで見るM36B2駆逐戦車その5
 今回はエンジン周囲の燃料系統を画像とイラスト8ージで紹介。

■巻末カラーページ
 本年9月に行なわれた「平成28年度日米共同訓練(雷神2016)」を5ページと「東北方面隊56周年記念行事」を4ページ、10月に行なわれた「平成28年度自衛隊記念日観閲式予行」を5ページ、「スウェーデン・アーセナル戦車博物館(2)」としてStrv fm/28軽戦車を2ページ収録。カラーページは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 12:34| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

German Panzer II



posted by 都の御曹司 at 13:51| Ampersand Publishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

German Motorcycles of WWII : Part 1



posted by 都の御曹司 at 13:50| Ampersand Publishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kubelwagen and Schwimmwagen



posted by 都の御曹司 at 13:47| Ampersand Publishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

青木周太郎 情景模型作品集 ― 戦場情景のつくりかた ―

大型ディオラマの第一人者、青木周太郎による戦場情景作品&製作How toを収録!!
本書は、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線をテーマに数々の大型ディオラマを作り上げてきた、青木周太郎による情景模型作品集です。
青木氏の情景作品の特徴は、なんといってもその「大きさ」にあるでしょう。広大なベース上に現出した戦場には、作り込まれた建物や植物、そして戦車や兵士たちが所狭しと居並び、まさに圧巻です。
収録される情景作品は本書作り起こしの新作も用意され、青木氏の製作テクニックHow toも収録するなど、これからディオラマ製作にチャレンジするモデラーの方にも役立つ、充実の内容でお贈りします

posted by 都の御曹司 at 13:32| ホビージャパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミリタリーミニチュア ジオラマ : WWI 戦車をつくる!

戦車出現100周年にあわせて、第一次世界大戦の新兵器“戦車"の数々をジオラマで再現。Mk.I、Mk.IVルノーFT17、Mk.A ホイペット、A7V、ロールスロイス装甲車など、主要戦車・装甲車が大集結! 気鋭作家によるオリジナル作品を多数掲載している。製作・塗装のノウハウはもちろん、兵士の軍装解説も充実! 車両にフィギュア、そしてジオラマ製作に欠かすことのできないヒントやアイデアを満載。AFV模型世界の第一人者、土居雅博監修による模型ファン必携一冊が登場!








posted by 都の御曹司 at 13:30| グリーンアロ出版社 / イカロス出版 / 文林堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

グランドパワー 2016年11月号 : 特集 パンター戦車 D型

■パンター戦車D型
 VK20、VK2001(D)、VK2001(K)、VK2001(M)、VK30、VK3001/3002(D)の各シリーズとともにVK3002(M)試作車輌V1/V2を交えて、パンターD型の開発前の状況や開発過程を解説。
 構造は、装甲車体、走行装置、車外装備、車内装備、武装、照準器等に区分して詳細に解説。
 生産過程での主な仕様変更では、1943年1月〜9月までの変更部分を解説するとともに、1943年3月までに生産したD型の部隊配備前に改修した部分、部隊配備後に行なわれた変更部分を解説。
 後半はパンター戦車D型写真集として、各戦線のパンターD型の写真109枚を56ページで紹介。パンターD型は計106ページ。

■マニュアルで見るM36B2駆逐戦車その4
 今回はエンジン周囲の燃料タンク等の付属品を12ページで紹介。

■ソ連軍のMBV機動装甲列車
T-28の主砲塔を搭載した装甲列車のMBVを収録。開発経緯、構造、武装、戦歴、近代化改修の項目に区分して4ページで解説。巻頭カラーと合わせると6ページ。

■巻末カラーページ
 本年8月に行なわれた、「平成28年度富士総合火力演習」に参加した戦闘車輌、ヘリコプター、支援器材を11ページで紹介。「開発中の米海兵隊車輌」では、AAV-7 A1の改良型である開発中のAAV SU第1号車と貨物輸送用水陸両用車UHACの試作型を4ページ収録。「現存するMBV機動装甲列車」で、クビンカ戦車博物館に展示していたMBV-2を2ページ収録。カラーページは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティーガー カムフラージュ & マーキング Vol.2 : [ 東部戦線(1):初期型 ]

東部戦線のレニングラード、北部ロシア、プロホロフカ、ハリコフ、中央ロシア等の地域で、極初期型と初期型を装備した部隊の塗装とマーキングを収録。カラーイラストとともに今回は写真を中心に部隊マークや砲塔番号を解説。

■ティーガーの塗装とマーキングVol.2
[東部戦線(1):初期型]

●第502重戦車大隊第1中隊所属車輌1942〜43年冬:レニングラード戦区●第502重戦車大隊第2中隊所属車輌1943年秋:北部ロシア戦区●第502重戦車大隊第3中隊所属車輌1943年秋:北部ロシア戦区●第503重戦車大隊第2中隊所属車輌1943年2月:ロストフ付近●第503重戦車大隊第3中隊所属車輌1943年7月:プロホロフカ付近●第505重戦車大隊本部所属車輌1943年5月:オリョール●第505重戦車大隊第1中隊所属車輌1943〜44年冬:ヴィテブスク付近●ライプシュタンデルテSSアドルフ・ヒトラー(LSSAH)SS第1戦車連隊第4中隊本部所属車輌1943年4月:ハリコフ●ライプシュタンデルテSSアドルフ・ヒトラー(LSSAH)SS第1戦車連隊第13中隊所属車輌1943年12月:中央ロシア戦区/ジトミール付近●ダスライヒ師団SS第2戦車連隊第8中隊所属車輌1943年春:ハリコフ付近●ダスライヒ師団SS第2戦車連隊第8中隊所属車輌1943年7月:クルスク●トーテンコップフ師団SS第3戦車連隊第9中隊所属車輌1943年7月:クルスク●グロースドイチュラント戦車連隊第13中隊所属車輌1943年3月:ハリコフ●グロースドイチュラント戦車連隊第3大隊第11中隊所属車輌1943年9月:南部ロシア戦区/アハツィルカ付近●ミュンヘベルク戦車大隊第3中隊所属車輌1945年5月:ベルリン●グロースドイチュラント戦車連隊第13中隊所属車輌1943年5月:プロホロフカ付近 カラーイラスト計16ページ。

■ティーガー塗装研究の実態 3ページ
ティーガーの全般的な塗装解説と写真からの色の判読、塗装色に関する参考図書を解説。
■第502重戦車大隊 25ページ
■第503重戦車大隊 20ページ
■第505重戦車大隊 10ページ
■SS第1戦車連隊ライプシュタンダルテSSアドルフ・ヒトラー 4ページ
■SS第2戦車連隊ダスライヒ 12ページ
■SS第3戦車連隊トーテンコップフ 1ページ
■グロースドイチュラント(GD)戦車連隊 3ページ
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ティーガーII : ディテール写真集

第二次世界大戦において、連合軍を恐怖におとしいれたティーガーIを、火力・防御力においてはるかに上回った重戦車「ティーガーII(キングタイガー)」の写真集です。海外のミリタリー博物館に現存する実車の車体、砲塔、転輪など、各部分のクローズアップ写真だけでなく、内部構造の写真も多数掲載。戦車ファンやミリタリーマニアはもちろん、作り込みたい模型ファンにもおすすめの一冊。

《本書の内容》
●第二次大戦最強戦車ティーガーII
●博物館のティーガーII
●ティーガーIIのディテール
車体前部
車体側面/ 機関室
ポルシェ砲塔
ヘンシェル砲塔
車体後面
足回り
●ティーガーII 1/35スケール4面

posted by 都の御曹司 at 10:30| 新紀元社 / 並木書房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

2016年08月26日

ティーガー カムフラージュ & マーキング Vol.1 [ 西部戦線 : 初期型 〜 後期型 ]

イタリア、ノルマンディー、フランス等の西部戦線とチュニジア戦に参加した、重戦車大隊等のティーガーI装備部隊を解説。部隊編成、装備車輌の特徴、カラーイラストとともに塗装とマーキングを解説。部隊編成表では、砲塔に描いていた車体番号も掲載。多数の写真で各部隊のマーキングと特徴を詳しく解説した資料性が高い別冊。

■ティーガーのカムフラージュとマーキング Vol.1
[西部戦線:初期型〜後期型] 

●マイヤー戦車中隊所属車輌:1944年1月イタリア/ローマ近郊●第501重戦車大隊第1中隊所属車輌:1942年12月チュニジア●第501重戦車大隊第2中隊所属車輌:1943年1月チュニジア●第503重戦車大隊第3中隊所属車輌:1944年7月フランス/ノルマンディー戦区●第504重戦車大隊第2中隊所属車輌:1943年8月シシリー島●第504重戦車大隊第3中隊所属車輌:1944年6月イタリア/ピサ近郊●第508重戦車大隊第1中隊所属車輌:1944年2月イタリア/アプリリア近郊●第508重戦車大隊第3中隊所属車輌:1944年2月イタリア/ローマ近郊●SS第101重戦車大隊第1中隊所属車輌:1944年6月フランス/ノルマンディー戦区●SS第101重戦車大隊第2中隊所属車輌:1944年6月フランス/ノルマンディー戦区●SS第101重戦車大隊第3中隊所属車輌:1944年6月フランス/ノルマンディー戦区●SS第101重戦車大隊第3中隊所属車輌:1944年1月ベルギー/モンス近郊●SS第102重戦車大隊第1中隊所属車輌:1944年8月北フランス戦区●第301戦車大隊(無線操縦)第1中隊所属車輌:1944年11月ドイツ/ルール戦区●フンメル戦車中隊所属車輌(第506重戦車大隊第4中隊):1945年1月ルクセンブルグ/オーバーヴァンパッハ●フェールマン戦隊所属車輌:1945年4月ドイツ/エッセル近郊 カラーイラスト計16ページ。

■第501重戦車大隊 21ページ
■第503重戦車大隊 2ページ
■第504重戦車大隊 12ページ
■第508重戦車大隊 14ページ
■SS第101重戦車大隊 18ページ
■SS第102重戦車大隊 4ページ
■第301戦車大隊(無線操縦) 2ページ
■マイヤー戦車中隊 1ページ
■フンメル戦車中隊 1ページ
■フェールマン戦隊 2ページ

この別冊は、グランドパワー本誌2009年9月号に収録していた「ティーガー カラーズ(3)」を再編集したものです。
posted by 都の御曹司 at 00:00| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グランドパワー 2016年10月号 : 特集 クロムウェルの開発と構造

■クロムウェルの開発と構造
 イギリス巡航戦車の開発過程とともに巡航戦車Mk.VIIIクロムウェル(A27M)を解説。Mk.VIIキャバリア(A24)、Mk.VIIIセントー(A27L)、ロールス・ロイス社製ミーティア・エンジンとマーリン・エンジンとともに、クロムウェルの生産と各部の車体構造を当時の軍のマニュアルに掲載していた写真とイラストで細部まで解説。エンジンや武装等の異なる、砲兵観測車、装甲回収車、A30チャレンジャー、A30アベンジャー等の各型も紹介。
第2次大戦中の部隊配備状況、大戦後の発展型、各国に対する供与車輌も収録。マニュアルのイラストと写真集は後半部分42ページに収録。クロムウェルは80ページで解説。

■ソ連軍中戦車(2) T-28の運用と戦歴
 T-28の運用開始から対フィンランド戦の冬戦争の状況を解説するとともに、装甲強化型T-28E、ドイツ軍が行なったバルバロッサ作戦での戦闘状況も紹介。後半は、写真集と車体各部のイラストを計14ページ収録。T-28はカラーページの現存するT-28中戦車を含めて43ページ。

■巻末カラーページ
 本年6月21日から8月2日に行なわれた、「平成28年度協同転地演習(師団等転地)」の北海道浜大樹訓練場でのLCACによる揚陸訓練場面を11ページ収録。前月号に引き続きユーロサトリ2016(2)として新型AFVを4ページ、ロシアの中央軍事博物館とフィンランドのパローラ戦車博物館に現存するT-28中戦車を1ページ収録。カラーは合計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする