2008年09月21日

戦車名鑑 1946-2002 : 現用編

戦後AFVを網羅したビジュアルファイル。レオパルトやM1エイブラムスなどの主力戦車に加え、PT‐91やTM‐800など、東欧諸国による旧ソ連戦車のバリエーション車輌も数多く収録。2S5ギアツィント自走砲や2K12クーブ対空ミサイルなど、旧ソ連の戦闘車輌も満載。VT‐100コマンドウやフェレットなど、警備・警戒任務に多用される装輪装甲車も充実。歩兵戦闘車、自走砲、自走対空砲、装軌・装輪装甲車など、約230種の車輌をイラスト・写真で紹介した戦後AFVの決定版。







posted by 都の御曹司 at 20:19| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

日本陸戦兵器名鑑 1937〜45


第二次大戦で日本陸海軍が使用した14年式拳銃、38式歩兵銃、3年式重機関銃などの小火器から、野砲、要塞砲、戦車、装甲車、トラックにいたるまで、日本陸戦兵器約300種アイテムをイラスト・写真で紹介。また第二次大戦中も一部残っていた旧式兵器も解説し、総計約300種類の兵器を収録。


内容(「MARC」データベースより)






posted by 都の御曹司 at 10:24| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ティーガー重戦車 part 2 (MILITARY COLLECTION 4)


部隊の誇り、塗装図の再現にこだわった、新機軸シリーズ第4弾! 第二次大戦後半、出現以来すべての連合軍戦車の恐怖の的となったタイガー戦車。敗戦直前、ドイツ最後の望みをかけたアルデンヌの森における大反攻作戦の主役を担ったティーガー2。しかし守勢一方となった本土防衛戦では、群を成す連合軍戦車の前に次々と倒れていく。本書では、パート1に続き1943年後半以降のティーガー1と、ティーガー1の後継車として登場し、第二次大戦最強の戦車と評されるティーガー2、そして両ティーガー戦車の派生型のカラー図39点、写真30点を網羅、さらにその開発や性能、戦績について解説する。


内容(「BOOK」データベースより)

ラベル:Tiger Kingtiger
posted by 都の御曹司 at 10:02| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

ティーガー重戦車 part 1 (MILITARY COLLECTION 3)


1942年8月の登場以来、連合軍戦車を圧倒し、第2次大戦終結まで数々の伝説を生み出したティーガー戦車。最初のモデル、ティーガー1型のカラー図40点、写真25点を網羅、さらにその開発や性能、戦績について解説する。


内容(「MARC」データベースより)






ラベル:Tiger
posted by 都の御曹司 at 16:04| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ビジュアルガイド WWII 戦車(2) 東部戦線


激戦が繰り広げられた東部戦線の主役たちにスポットを当てたビジュアルガイド。1941年の独ソ戦開始から1944年のソ連軍大攻勢までの間、東欧地域で活躍した車輌を収録。死闘を演じたドイツ、ソ連の重戦車をはじめ、フィンランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、イタリア、ブルガリア、ユーゴスラビアなどで投入された優れた脇役たちなど約90種を解説。


内容(「BOOK」データベースより)






posted by 都の御曹司 at 16:07| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジュアルガイド WW2戦車〈1〉電撃戦


第二次大戦の口火を切った電撃戦。それは機甲部隊と航空機が集中投入されて主役を演じた初の戦いでもあった。本書は、この電撃戦の間(1939年のポーランド侵攻から1940年のフランス占領まで)においてヨーロッパ各国で活躍した戦車を解説するビジュアルガイドである。ドイツ、ポーランド、オランダ、ベルギー、フランス、イギリス、イタリア、ソ連、フィンランドの各軍の車両約90点を収録。


内容(「BOOK」データベースより)






posted by 都の御曹司 at 16:04| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍用車輌名鑑 1939~45 ミリタリーイラストレイテッド


「ソフトスキン」と呼ばれる、装甲を持たないサポート系車輌を集成。9カ国約450種類の車種を収録し、 パラシュート兵用の小型折りたたみバイクといった珍しい車輌から、救急車・牽引車などといった普段あまり 取り上げられることのないような車輌まで幅広く紹介し、資料本としても高価値。カバーイラストは、 バイクイラストレーターとして有名な松屋ランド氏による描き下ろし。


出版社/著者からの内容紹介






posted by 都の御曹司 at 15:55| コーエー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする