2005年07月07日

Armor in Normandy: The British....June - August 1944


posted by 都の御曹司 at 14:32| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Normandy: The Breakout, July 1st-31st


posted by 都の御曹司 at 14:26| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Normandy: First Victories, June 7-30, 1944


posted by 都の御曹司 at 14:23| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

D-Day in Normandy: 6 June, 1944


posted by 都の御曹司 at 14:19| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Canadian Soldier in North-West Europe


posted by 都の御曹司 at 14:12| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

British Tanks In Normandy


british.jpg
posted by 都の御曹司 at 15:36| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Green Devils: German Paratroopers 1939-1945


greem.jpg
posted by 都の御曹司 at 15:22| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1941,Fallschirmjagers in Crete


posted by 都の御曹司 at 15:15| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GI-Collector's Guide : Volume 1


posted by 都の御曹司 at 14:43| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

GERMAN SOLDIERS OF WORLD WAR TWO

世界中でもっとも人気の高いWWIIドイツ軍ユニフォームのバイブルとして、ドイツ軍装ファンやモデラーから高い評価を受けていた資料です。現存する本物のユニフォームや装備品をモデルに着用させ、オールカラーで解説しています。初版本とは一部写真も入れ替えられており各兵科・年代ごとにまとめられ、WWIIドイツ歩兵だけでなく空軍地上兵や降下猟兵、戦車兵も取り上げられています。なお初版本の日本語版が、並木書房から「第2次大戦 ドイツ兵軍装ガイド」(価格:¥4500円)として発売されています。ハードカバー、総136ページ。オールカラー、英語。



gersol1.jpg gersol2.jpg
gersol3.jpg gersol4.jpg
posted by 都の御曹司 at 15:54| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

Tiger 1 on the Eastern Front


posted by 都の御曹司 at 17:24| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tiger 1 on the Western Front


posted by 都の御曹司 at 17:21| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Inside the Tiger1

ドイツ軍重戦車"TIGER I"の良書である、"Tiger I in the Eastern Front"・"Tiger I in the Western Front"を、刊行している「Histoire & Collections」から、同社”TIGER I シリーズ完結編”として、"Inside the TIGER I "が、今秋刊行予定にラインナップされています。
予定されている内容は、タイトルが示すように"TIGER I "の外部構造や内部構造の変遷を詳細に分析し、前作同様多数のクリアな写真や詳細な図面・イラストを使用し わかりやすく構成されるようです。もちろん著者も、前作と同じJean Restayn氏です。

posted by 都の御曹司 at 17:07| Histoire & Collections | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする