2008年04月11日

〔戦略・戦術・兵器詳解〕図説 第一次世界大戦<下>

「未曾有の消耗戦」が生んだ総力戦と新兵器・新戦術の実相とは。この下巻では1916年7月以降のソンム、カンブレー、「カイザーシュラハト」等の戦い、戦車、航空機、短機関銃等の新兵器、浸透戦術、航空戦術等の戦術、そして戦後の欧州情勢を扱う。











posted by 都の御曹司 at 21:03| 学習研究社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする