2005年11月10日

ヴィレル-ボカージュ―ノルマンディ戦場写真集

1944年6月13日、フランス・ノルマンディ地方の田舎町「ヴィレル‐ボカージュ」を舞台に繰り広げられた、イギリス軍戦車部隊とドイツ軍のティーガー戦車の死闘。ここで25両の敵車両を撃破し名声を馳せたのがドイツ軍戦車部隊のエース、孤高の“ティーガーの騎士”ミヒャエル・ヴィットマンであった。本書は、初の試みとして、ドイツ軍のヴィレル‐ボカージュ占領直後に従軍カメラマンによって撮影された100枚の写真を詳細に検討。この戦いに改めて冷静な分析を加えたものである。本書では両軍の戦果を再評価するとともに、過去に発表された多くの関連資料と、従来採り上げられてこなかった当事者の証言を対照し、新たな視点からヴィレル‐ボカージュの戦いで起こった事実と、そこで生まれたミヒャエル・ヴィットマンにまつわる伝説の真実に迫る。
内容(「BOOK」データベースより)
posted by 都の御曹司 at 10:48| 大日本絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする