2005年10月24日

トライスター 4号D型(ちょっと製作 その1)

巷で噂の4号D型、怖い物見たさにチョット車体の箱組をしてみました。

DSCN0343.JPG  DSCN0345.JPG


車体下部パーツ(F1)が、外側に反っているので 車体下部側面パーツ(A2・A3)に合うように、じわじわと両手で力を加えながら反りを直します。また車体下部側面パーツ(A2・A3)との接合部にはバリが多く凸凹なのでヤスリで削って接合面を平らに整形します。車体後部パーツ(A8)は、車体下部側面パーツ(A2・A3)との接合部にバリがあるので これもヤスリで削り平らにします。車体後部パーツ(A8)内側には、3本のガイドのようなモールドがありますが これはガイドではないので間違えないように!車体下部側面パーツ(A2・A3)と車体後部パーツ(A8)を組み合わせた時、両サイドに少し隙間が出来るのでパテ埋処理してやり乾燥後ペーパーで整形すればOKです。
 ここの部分(インストA)は、ゲートとバリの処理と面出整形をきちんと行えば 比較的箱組は上手く組みあがります。



※トライスター IV号D型を組み立てるのに”絶対”必要なもの
 
 ・トライスターIV号戦車D型についてのまとめ
  http://www.geocities.jp/temporary_tristarj/

 ・ドイツIV号戦車D型 組立説明書正誤表
  http://www.tristarj.sakura.ne.jp/35015/35015wrong_wrigt.pdf

 ・ドイツIV号戦車系ホイールセット 組立説明書正誤表
  http://www.tristarj.sakura.ne.jp/item/tristar/35014/35014_wrong.jpg
posted by 都の御曹司 at 22:42| トライスター4号D型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする