2007年09月28日

グランドパワー 2007年11月号 : 特集 M4シャーマン(1)

 第1特集は、3回のシリーズを予定しているシャーマン特集の第1回目。今回はアメリカ軍のマニュアルに収録された写真とイラストを中心に、その構造を詳しく紹介。前半の21ページは、「M4シリーズの開発」として、その開発の背景をアメリカの状況と当時の世界情勢及びM2戦車やM3戦車の開発を交えて解説。75mm搭載車を中心に主要な各型を解説。後半の90ページは、「取扱説明書に見るM4シリーズの構造」を約270点の写真とイラストを収録して詳しく紹介。
「車体」の項では車体の外観と内部の変速装置等、「機関室とエンジン」では搭載された各種のエンジン等、「足回り」では転輪・履帯や懸架装置等、「砲塔と照準装置」では照準器やペリスコープ等、「武装」では75mm・76mm砲や使用弾薬等を解説。M4シャーマン戦車の内外部の細部を知ることのできる絶好の特集。M4シャーマンは合計で111ページ。
 第2特集は、「イギリス軍が採用したアメリカ製装甲車 スタッグハウンド」。T17型とT17E1型も含めてスタッグハウンドをアメリカでの開発・製造から詳細に解説。車体内部の様子も紹介。派生型の「対空型」や3インチ榴弾砲を搭載した「スタッグハウンドII」も収録。あまり注目されない「スタッグハウンド」を解説した、イギリス軍用車輌マニア必読の特集。14ページ。
 巻頭カラーページは、「オペレーション・イラキ・フリーダム 2006/4〜8月」。今回は、ハマー等の装輪車両を収録。オーストラリア軍のブッシュマスター兵員輸送車、米軍のRG−耐地雷装甲車、小型無人機RQ−11等も掲載。16ページ。

(「月刊グランドパワー」HPより)
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする