2007年12月09日

FIGHTING TECHNIQUES OF A PANZERGRENADIER : 1941-1945 装甲擲弾兵の戦闘技術

装甲擲弾兵師団は、第2次大戦中ドイツ軍が戦争に導入した多くの革新的手法の1つである。この師団は、戦場で先鋒を務める装甲部隊の近接支援をするための、完全自動車化した歩兵部隊だった。『装甲擲弾兵の戦闘技術』は、1939年から45年にかけての、ドイツ自動車化歩兵部隊の訓練、戦術、装備に深い分析を加える。









posted by 都の御曹司 at 12:48| リイド社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする