2005年08月10日

バルバロッサ作戦〈上〉攻撃目標モスクワ


1941年6月22日午前3時15分、ドイツ軍は3個航空艦隊1830機の航空機の支援の下に、兵力300万、戦車3580両、火砲7184門、車両60万、馬匹75万頭をもってソ連軍に襲いかかった…。マンシュタインをはじめとする軍司令官から一兵卒に至るまでのインタビュー、戦闘日誌、命令文、戦死者の日記等、独ソ計1000人に及ぶ協力者から得られた膨大な資料をもとに、筆者が明らかにした“今世紀最大の戦争”「独ソ戦」の実像とは!?上巻では開戦からキエフ包囲戦、そしてモスクワ前面へと推移する独ソ戦初年度の攻防とその背景を詳細に描く。

内容(「BOOK」データベースより)


ラベル:欧州戦記
posted by 都の御曹司 at 12:53| パウル・カレル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする