2005年08月10日

砂漠のキツネ


常に最前線で陣頭指揮を執り、寡兵を率いて優勢な英軍を崩壊寸前まで追いつめたドイツの名将ロンメルと麾下のアフリカ軍団。「砂漠のキツネ」と畏れられた男たちの不屈の戦いを、綿密な取材で克明に描く迫真の戦記ドキュメント。

内容(「BOOK」データベースより)








ラベル:欧州戦記
posted by 都の御曹司 at 12:30| パウル・カレル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする