2019年09月22日

タンクモデリングガイド  タイガー戦車の塗装とウェザリング

今まで名作のタミヤや傑作のドラゴンなどの選択肢で限られていた、1/35スケールのタイガー戦車のキット。しかし近年には続々と新メーカーなどから、タイガーTやキングタイガーの新規設計のキットが発売されています。これら新規キットを題材に各塗装例に合わせた塗装&ウェザリング方法を詳細に解説します。また各キットの製作ポイントとドイツ戦車兵フィギュア塗装法も紹介。加えて各キットの細部パーツ比較、ここまでリアルになるコーティングシート、各パーツの変化で分かる保存版タイガーT戦車のスッキリ判別法、タイガーT/キングタイガーの配備地図などの記事も充実。

■タイガーT重戦車
ライフィールド(前期型「ヴィットマンタイガー」)
トランペッター(中期型)
タミヤ(中期型)+パッションモデル(エッチングパーツ)
ドラゴン(後期生産型 "ヴィットマン ラスト タイガー")
アミュージングホビー タイガー(P)

■キングタイガー重戦車
MENG(ポルシェ砲塔)、
タコム(ヘンシェル砲塔)
ホビーボス(ヘンシェル砲塔)、
童友社(ヘンシェル砲塔計画仕様)

■エレファント重駆逐戦車
ズべズダ(エレファント)
など
posted by 都の御曹司 at 10:44| モデルアート / パンツァーグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする