2005年06月27日

IS‐2スターリン重戦車 1944‐1973 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ2

イオーシフ・スターリンの頭文字を冠するIS重戦車シリーズは、ドイツの無敵戦車ティーガーIに対抗すべく開発され、実戦投入後はその重装甲と強火力でドイツ軍を驚嘆させた。そして1944年10月に完成したIS‐3のなめらかで避弾性にすぐれた車体と砲塔の形状は、ソ連のみならず西側諸国においても、戦後の戦車デザインに大きな影響を与える画期的なものであった。本書はスターリン重戦車の誕生から各バリエーション、さらにその後の試作車両、核戦争下の戦闘を想定しデザインされた戦車などの情報を収録。また、ISU‐152など派生型である重突撃砲や、スターリン重戦車のシャシーを利用して開発され「冷戦時代」の象徴となった自走式ミサイルランチャー、いわゆる「スカッド」システムまでを幅広く解説し、ソ連重戦車の歴史を簡潔にまとめあげている。


内容(「BOOK」データベースより)
posted by 都の御曹司 at 14:03| オスプレイ・イラストレイテッド日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする