2005年06月26日

Sd.Kfz.251ハーフトラック1939‐1945 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ28

第二次世界大戦に本格的にはじまった戦車師団の運用について、その構想が計画されていく中、戦車に随伴して戦闘できる装甲兵員輸送車の必要から装甲戦闘車両の設計に長けていたドイツが生んだハーフトラックの傑作、Sd.Kfz.251シリーズ。ハーフトラックは機甲歩兵部隊で効果的に運用され、電撃戦を支えたものの、その戦術を第二次世界大戦中に研究、応用した連合軍が、ドイツを追いつめる結果となったのは歴史の皮肉であった。そのドイツ・ハーフトラックの開発、派生型、訓練と編成、戦術を紹介する。


内容(「BOOK」データベースより)




posted by 都の御曹司 at 13:47| オスプレイ・イラストレイテッド日本語版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする