2005年06月25日

(続)ラスト・オブ・カンプフグルッペ

1945年5月、第三帝国消滅のその日まで絶望と混乱の戦場で果敢に戦い続けたドイツ機甲戦闘団。長期間にわたる丹念な調査と著者独特の視点によって描き出される、第二次大戦末期におけるドイツ軍地上部隊の知られざる戦闘記録集、満を持してここに完結。ティーガー2型をはじめとする主力重戦車から試作車両、軍装類…約250点に及ぶ写真に加え、豊富な図版を掲載。また、気鋭のイタリア人研究家による「特別寄稿」も収録。


内容(「BOOK」データベースより)






ラベル:高橋慶史
posted by 都の御曹司 at 09:49| 大日本絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする