2015年03月27日

グランドパワー 2015年05月号 : 特集 ドイツ8tハーフトラック

■ドイツ8tハーフトラック
 8tハーフトラックの基本となった、クラウス・マッファイ社が1933年に完成させたKMZ100、その後に開発したKM7とKM7Aから解説。8tハーフトラックの生産と生産中の改良を、KMm8(1934)、KMm8(1935)、KMm9、KMm10、KMm11に区分して詳しく解説。構造は、シャシーフレーム、走行装置、機関系、車体等を解説。部隊配備状況、対空自走砲型等の派生型も収録。34ページ。

■8tハーフトラックSd.Kfz.7写真集
 各戦線で火砲牽引車として運用が行なわれた場面を紹介。28ページ。

■2cm連装高射機関砲搭載対空自走砲Sd.Kfz.7/1写真集
 Flak38搭載型を装甲操縦室型も含めて紹介。12ページ。

■3.7cm高射機関砲搭載対空自走砲Sd.Kfz.7/2写真集
 Flak36搭載型の装甲操縦室型を中心に紹介。14ページ。

■A4ロケット装甲発射管制車写真集
 特殊な派生型であるA4ロケット管制車を紹介。2ページ。

■マニュアルで見るM24軽戦車その4
 今回は、発電機やバッテリーとともに電装系を中心に収録。18ページ。

■ソ連軍軽戦車の系譜(7)水陸両用戦車その2
 水陸両用戦車T-41とT-37を解説するとともに、本格的量産型水陸両用戦車T-37Aの開発過程と生産中の改良点等を詳しく解説。14ページ。

■巻頭カラーページ
 2015年3月上旬に行なわれた第2戦車連隊10式戦車の練成射撃訓練を5ページ、2015年2月下旬に行なわれた第7師団第11普通科連隊の練成訓練を8ページ、2015年2月に北海道矢臼別演習場で行なわれた2015年日米共同訓練を3ページ収録。巻頭カラーページは、合計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 16:56| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする