2007年05月05日

武器と弾薬 [悪魔のメカニズム図鑑]

敵兵をいかに殺傷し、敵戦車の装甲をいかに穿つか・・・。爆薬とそれが生み出す”死のエネルギー”に魅せられた戦争劇画の第一人者・小林源文が、[悪魔の機械]と呼ばれる陸戦用武器の用法とその効果を思い入れたっぷりに描いた雑学イラスト集。【主な内容】88mm対空砲の運用、野砲の射撃プロセス、手榴弾の誕生と進化、迫撃砲の開発、地雷の発展とブービートラップ、装甲と砲弾の種類、成形炸薬による装甲貫徹概念など。







posted by 都の御曹司 at 08:35| 大日本絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする