2014年10月27日

グランドパワー 2014年12月号 : 特集 M24チャフィーの開発と構造

■M24チャフィーの開発と構造
 試作車から開発過程を解説。構造は、車体、機関系、足周り、砲塔、武装を当時のマニュアルの写真とともに解説。T24E1等の改造型も収録。派生型は、能力強化型75mm砲搭載車、対空機銃強化車、浮航用フロート装着車、ドーザー装着車、クレーン装着車、回収・工兵車、ロケットランチャー装備車、105mm自走榴弾砲M37、榴弾砲搭載型、無反動砲搭載型、対空自走砲型等を解説。各国で使われた車体、朝鮮戦争とベトナム戦争の車体も解説。38ページ(巻頭カラーを含めると42ページ)。

■M24チャフィー写真集
 第2次大戦のヨーロッパでの戦闘終了が近い段階から冷戦時代、朝鮮戦争、ベトナム戦争時のM24チャフィーを紹介。陸上自衛隊装備の車体も収録。40ページ。

■M24軽特車概論
 昭和30年前後に陸上自衛隊武器学校が作成したと思われる整備関係の教範を紹介。電気系統、エンジン、油圧制御装置、変速機、覆帯/懸架装置等の細部緒元がわかる貴重な当時の資料である。14ページ。

■写真集V号突撃砲の派生型
 突撃榴弾砲、33型突撃歩兵砲、V号自走歩兵砲等を収録。20ページ。

■V号突撃砲派生型現存車輌のディテール
 クビンカ博物館、パットン博物館、アバディーンの車体細部をクローズアップして紹介。10ページ。

■巻頭カラーページ
 本年8月から9月に行われた平成26年度日米共同訓練(アメリカ合衆国ワシントン州ヤキマ演習場)での陸上自衛隊の訓練を5ページで紹介。本年9月に行なわれた長崎県竹松駐屯地創立62周年記念行事を第7高射特科群のホーク装備を6ページで紹介。M24軽戦車 in Colorで自衛隊車輌を中心に5ページ収録。カラーは合計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 13:27| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする