2014年05月29日

グランドパワー 2014年07月号 : 特集 V号突撃砲 長砲身型 (1)

■III号突撃砲長砲身型(1)
 F型〜G型初期型を特集。突撃砲の長砲身化計画と生産、F型搭載7.5cm砲の43口径型と48口径型、F/8型、G型極初期型、G型初期型の項目に区分してイラストを交えて詳しく解説。長砲身化とその後発展して行く過程を車体細部の変遷とともに解説したV号突撃砲の最新資料ともいえる特集。28ページ。

■III号突撃砲長砲身型写真集(1)
 G型内部、F型(43口径)、F型(48口径)、F/8型、G型極初期型、G型初期型(突撃砲型シャシー)、G型初期型(V号戦車M型シャシー)、G型(V号戦車L型シャシー)に区分して車体内外を塗装やマーキングの解説とともに紹介。88ページ

■第2次大戦イタリア軍の弾薬(2)
 6月号に引き続き、各種弾薬を収録。突撃自走砲用75mm砲弾、対空砲用45mm砲弾、対戦車砲用53mm砲弾、対戦車砲用90mm砲弾等を諸元とともに掲載。6ページ。

■巻頭カラーページ
 陸上自衛隊が装備する81式自走架柱橋の後継である、07式機動支援橋の架橋訓練時の状況を詳しく紹介。11ページ。本年4月の行われた、陸上自衛隊第1師団創立記念行事を収録。新型野外手術システムも紹介。5ページ。
posted by 都の御曹司 at 00:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする