2013年01月28日

ドイツ装甲列車と捕獲戦闘車輌

この別冊は、グランドパワー1996年4月号に収録されていた「第2次大戦のドイツ装甲列車」、1999年5月号に収録されていた「ドイツ装甲列車の系譜」、1998年2月号から4月号に収録されていた「鉄十字をまとった連合軍車輌」の記事を再編集したものです。

[ドイツ装甲列車の系譜]
・1. 第2次大戦初期の装甲列車
 ドイツ軍は第2次大戦初期から捕獲した各国の装甲列車を改装して多数を運用した。フランスやポーランド製の装甲列車を紹介。
・2. バルバロッサ作戦開進
 ドイツ軍はソ連侵攻後に多数のソ連軍装甲列車を捕獲した。ドイツ軍が運用していたソ連製兵器を搭載した装甲列車を紹介。
・3. 本格的装甲列車の開発
 装甲と武装を強化して、パナール38(f)装輪装甲車も編成に加えられた、BP42やBP44に発展して行く過程の装甲列車を解説。
・4.1943年〜終戦
 大戦後半には枢軸国占領地域では、パルチザンによる抵抗活動が活発化した。これに対処するため、多数の装甲列車が各地に配備された。これらの各型を紹介するとともに、終戦までの装甲列車の動きを紹介。捜索列車や装甲保安車も収録。

[BP42/44]
 ドイツ軍の制式装甲列車として開発された、BP42とBP44の構成列車を解説。戦車駆逐車、戦車運搬車、対空車、砲車、指揮車を、車体細部写真多数を交えて紹介。

[ドイツ捕獲戦闘車輌]
 フランス侵攻時からドイツ軍は、多数の連合軍車輌を捕獲して運用を行った。当初はフランス軍車輌が中心だったが、後にはイギリス軍やソ連軍そしてアメリカ軍の戦闘車輌を多数捕獲した。ドイツ軍用の改造部分やマーキングも交えて紹介。ドイツ軍捕獲車輌をまとめた貴重な資料集。44ページ。
 収録車輌:ルノーFT/ロレーヌ37/R35/H39/R35/S35/パナールP178/シャールB1bis/ロレーヌ・シュレッパー/ドチェスター装甲指揮車/ユニバーサル・キャリアー/マチルダII/ファイアフライ/T-34/SU-85等。
posted by 都の御曹司 at 15:24| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする