2012年11月27日

グランドパワー 2013年01月号 : 特集 自走榴弾砲ヴェスペ

・自走榴弾砲ヴェスペ
 新資料を基に、ヴェスペの開発や車体構造を詳しく解説。当時のマニュアルに掲載されていた、搭載砲の細部写真も収録。生産中の変更部分や部隊配備も再説。後半は、10.5cm軽自走榴弾砲ヴェスペ写真集で、戦闘行動中のヴェスペを紹介。資料の少ないヴェスペを、68ページで特集。

・米陸軍T28重突撃戦車
 第2次大戦後半で、ドイツ軍の強固な抵抗線が予想されたジークフリード線突破のために開発された、105mm砲を搭載した重量86.2tの超重戦車を解説。2重式覆帯をはじめとして、その車体の特徴を当時の写真とともに詳しく解説。14ページ。

・九五式軽戦車のディテール
 パラオ・ペリリュー島に残されている実車を中心に、車体各部を細部写真とともに解説。車体の奥や影に隠れて見えない細部写真の掲載。九五式軽戦車の貴重な写真集。40ページ。

・巻頭カラーページ
 2012年9月に米国ワシントン州ヤキマ演習場で実施された、「平成24年度日米共同訓練」を5ページ。九州で10月と11月に行われた、「西部方面隊創隊57周年記念行事」等の参加車輌を11ページで紹介。計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 14:39| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする