2012年07月31日

グランドパワー 2012年09月号 : 特集 76mm砲シャーマン

・76o砲シャーマン
 ノルマンディー上陸作戦以後のアメリカ軍対戦車戦闘の主力として活躍した、76mm砲搭載のM4A1、A2、A3の各型を収録。実車写真多数を交えて、その各型の開発経過を詳しく解説。
 開発の経緯は、T20中戦車シリーズ、試作T23砲塔搭載型、量産型、実戦参加、戦訓での改良、レンドリース型を解説。
 マニュアルの実車写真とイラストを中心に、車体細部のディテールを紹介。ヘッドライト、砲トラベルロック、車体前方機銃マウント、牽引ワイヤーホルダー、起動輪、誘導輪、エンジン等を詳細に解説。今回は、砲塔に焦点をあてて各型の内外をイラスト多数とともに解説。カラー1ページを含めて87ページで特集。

・ドイツ・ハーフトラック改造対戦車自走砲
 12t重牽引ハーフトラックに8.8cm対戦車砲を搭載した自走砲、3.7cm対戦車砲を搭載した3t牽引ハーフトラック、7.5cm対戦車砲搭載型等の開発と特徴及び部隊配備を解説。8.8cmFlak18搭載12t重牽引ハーフトラックは、構造等を詳細に解説。16ページ。

・ソ連軍軽戦車の系譜(1)
 今回は、黎明期の軽戦車その1として、難路突破戦車「ヴェズジェホート」から、初の国産戦車「レノ・ルスキー」の構造と性能等、T-16軽戦車、T-18/MS-1軽戦車(小型随伴戦車)を解説。18ページ。

・巻頭カラーページ
 本年5月27日に実施された、「第7師団・東千歳駐屯地記念行事2012」として、装甲車輌を9ページ収録。他に、「北富士駐屯地創立52周年記念行事」2ページと、「フィンランド海軍のAFV」でサウルスFDS43/5汚染除去車輌とSM 15装甲消防救難車輌を4ページで紹介。76mm砲シャーマン1ページも含めて、カラーは16ページ。
posted by 都の御曹司 at 11:08| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする