2012年03月28日

グランドパワー 2012年05月号 : 特集 ヤークトパンターの開発と構造

・ヤークトパンターの開発と構造
 開発の背景と開発状況から、車体各部の細部構造を解説。生産中の変更点をイラスト38枚と並行して、1944年1〜3月生産車(G1)、同年6〜7月生産車(G1)、同年8〜9月生産車(G1)、同年10月生産車(G1)、同年11月生産車(G2)、同年12月生産車(G2)の各部の差異を解説。1/48の4面図も収録。後半はヤークトパンターをフォトアルバム的に、写真約90点で紹介。カラー1ページを含めて、109ページで特集。

・自衛隊の車輌と装備「87式自走高射機関砲」
 公開されている資料が少ない87式自走高射機関砲を開発段階から紹介。構造は、車体、砲塔、光学照準器、35mm機関砲KDA、射撃統制装置を解説。各部の細部がわかるクローズアップ写真を多数収録。カラー4ページを含めて18ページで特集。

・巻頭カラーページ
 「アフガニスタンの米軍2011」として、クーガー(TAK-4独立懸架式サスペンション式)等の車輌、誘導砲弾を発射する榴弾砲M777、米海兵隊のK-Max無人貨物輸送ヘリコプター等を11ページ収録。
 カラーページは、87式自走高射機関砲4ページとヤークトパンター1ページとともに16ページ。
posted by 都の御曹司 at 13:00| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする