2006年09月21日

<独ソ戦史> バルバロッサ作戦〈下〉 (文庫)


ソ連軍の冬期大反攻を食い止めたドイツ軍は、1942年夏、カフカス油田地帯の占領を企図し、新たな攻勢作戦「青」を発動する。「電撃戦」の再来を思わせる快進撃ののち、ドイツ軍部隊はスターリングラードとカフカスに迫る。しかし、快進撃はここまでであった。スターリングラードの南北から再び反攻に出たソ連軍が、ドイツ第6軍を包囲してしまったのだ。マンシュタインの必死の救出作戦が開始された。
(「BOOK」データベースより)








ラベル:欧州戦記
posted by 都の御曹司 at 14:13| パウル・カレル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする