2006年09月21日

<独ソ戦史> バルバロッサ作戦〈上〉 (文庫)


1941年6月22日、ヒトラーのドイツ軍は兵力300万の大部隊をもって、ソ連軍に襲いかかった。マンシュタインをはじめとする司令官から一兵卒にいたるまで、1000人を越える人々にインタビューし、戦闘日誌、作戦命令、戦死者の日記などの膨大な資料を駆使して描き出した、今世紀最大の戦闘の実像とは?名手パウル・カレルが描く戦記ノンフィクションの最高傑作。
(「BOOK」データベースより)








ラベル:欧州戦記
posted by 都の御曹司 at 14:02| パウル・カレル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする