2011年11月11日

戦車模型低級技術指南

面白い作業だけしたい! でもちょっといい作品にもしたい!
プラモデルを作るって、けっこう手間がかかる。面倒でやりたくない作業も多い。そんな工程を極力省いて作ったらどんな作品ができる!?
30年にもわたって模型雑誌の編集をする中で、日本中、世界中の著名モデラーと接してきた著者がひねり出した「面白いだけで、ちょっといい作品を作る」、これまでの模型製作の常識に逆らうヘソ曲がりな指導書!!

「楽しんでなんのストレスもなく作っているもの。」横山 宏
「低級作品は見ているだけで楽しい気分になってくるもの。
面白いことやっているなぁって、わしは心底感心している。
他のモデラーではそんな風に感じることはめったにないんだけどね。「低級」なのに回を重ね、
どんどん上手になってきてるけど、そのために苦労をしているようには感じられない。
そういう模型って意外にないもんなんだよ」、横山宏、松本州平、ローガン梅本、座談会記事より
posted by 都の御曹司 at 10:28| 大日本絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする