2011年04月01日

冬戦争の戦車戦 : 第一次ソ連・フィンランド戦争 1939‐1940

1939年11月30日、人口1億7千万の大国が、人口350万の小国の国境を侵した。冬戦争の勃発である。世界中の人々は小国フィンランドが一週間以内に崩壊するに違いないとささやき合った。しかしフィンランド軍の勇敢な抗戦は105日間にわたって続き、ソ連軍は戦車、装甲車1900輌をはじめとする莫大な兵器、人員を失い、フィンランド占領を断念した。
本書は、当時「雪中の奇跡」と言われたこの冬戦争で戦ったソ連戦車隊の戦術、損害等をソ連軍側の公式記録から抽出、フィンランド側研究者の資料と照合、正確かつ公平に記録した戦闘記録である。











posted by 都の御曹司 at 19:57| 独ソ戦車戦シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする