2011年01月27日

グランドパワー 2011年03月号 : 特集 対戦車自走砲 マーダーII

第1特集「対戦車自走砲 マーダーII」
 グランドパワー本誌のティーガー・カラーズ(1)〜(3)とヤークトパンター・カラーズに続く、シリーズ第5冊目。新資料を基礎に、7.5cm対戦車自走砲Pak40/2搭載II号対戦車自走砲(Sd.Kfz.131)を解説。開発経緯、技術的特長、オーバーホール時の改造車、生産中の変遷、部隊の配備状況、部隊編成を解説。戦場のII号7.5cm対戦車自走砲マーダーIIとして、写真58枚を掲載。カラーイラストとしてカモフラージュとマーキングを3ページ収録。48ページ。

・第2特集「ドイツI号戦車の派生型」
 4.7cm対戦車自走砲と33式15cm重自走砲の、開発、技術的特長、生産、部隊、配備を解説すると共に、フォトアルバム的に当時の写真を収録。他に、15cm自走重自走砲、I号対空戦車、クルップ社の輸出用軽戦車L.K.AとL.K.Bも収録。36ページ。

・第3特集「原乙未生中将とその時代(8)」
 1925年(大正14年)日本初の戦車隊の装備戦車の取得が目的だった、イギリスでの緒方ミッションの解説とともに、当時のホイペットやインディペンデント等のイギリス軍戦車と運用等について解説。16ページ。

・第4特集「W.W.II ドイツ軍ソフトスキン車輌(12)」
 アドラーTyp3Gdや2.5Liter(Typ10)等のソフトスキン車輌を収録。フランスのユニック社が製造したP 107/U304(f)とTU 1/U305(f)も掲載。3tハーフトラックSd.Kfz.11、5tハーフトラックSd.Kfz.6は10ページ収録。26ページ。

・巻頭カラーページ
 「イラク戦争のAFV 2009〜2010」は、アメリカ軍とイラク軍が装備しているAFVをイラク国家警察も含めて収録。ストライカーに105mm砲を搭載したM1128機動砲システム、M1A1、LAV、BMP-1、T-72等を収録。カラーページは、マーダーIIを含めて、16ページ。
posted by 都の御曹司 at 10:01| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする