2011年01月27日

グランドパワー 2011年2月号別冊 : ドイツ アフリカ軍団 [改訂版]

 戦車マガジン1991年9月号別冊「熱砂の死闘北アフリカ(1)」と同1991年10月号別冊「熱砂の死闘北アフリカ(2)」の記事を再編集して合本化した別冊。1941年2月のドイツ軍のトリポリ港への揚陸から、1943年3月までの間のロンメル将軍指揮のドイツ・アフリカ軍団を写真約330枚とともに解説。ドイツ・アフリカ軍団を知るための必携の別冊。

■ドイツ アフリカ軍団 1941■
 ドイツ第5軽師団所属の第3偵察大隊と第39対戦車大隊がトリポリ港に先陣として2月に揚陸し、逐次ドイツ・アフリカ軍団は増強されていった。ロンメル軍団の破竹の進撃から、イギリス軍反撃作戦のクルセーダー作戦までを解説。46ページ。

■ドイツ アフリカ軍団 1942〜1943■
 1942年1月に行なわれたドイツ軍の第2次攻勢を、ガザラ戦やトブルク戦等を交えて紹介。その後のエル・アラメインへの進撃や、イギリス軍を中心とする連合軍の反撃に後退する状況を描画。最後のドイツ軍の反撃作戦の春風作戦までを解説。56ページ。

■DAKの情景■
 ドイツ・アフリカ軍団(DAK)の将兵の勇姿や戦跡を、フォトアルバム的に収録。18ページ。

■北アフリカ 砂漠の決戦■
 ドイツ軍のアフリカ派遣の経緯やイタリア軍のエジプト侵攻、イギリス軍との戦闘の様相をイギリス軍の反撃作戦クルセーダー作戦等を交えて詳細に解説。作戦図を交えて枢軸軍と連合軍の戦闘を、ドイツ軍のトリポリ港揚陸から撤退までを解説。38ページ。
posted by 都の御曹司 at 09:57| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする