2006年03月31日

クルスク大戦車戦〈下〉 新潮文庫

クルスクをめぐる死闘のため、ソ連軍は3000輛以上のT‐34戦車を準備していた。その一台に搭乗するのが、老コサック人操縦手ディミトリイと息子で戦車長のワレンティーンだった。さらにディミトリイの娘も、女性だけで編成された夜間爆撃飛行隊“夜の魔女”の操縦士だった。そしていよいよ戦闘の火蓋は切られた。ドイツ兵80万人、迎え撃つソ連兵150万人が歴史と名誉をかけて衝突する。


内容(「BOOK」データベースより)






posted by 都の御曹司 at 10:40| etc / other (日本書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする