2009年04月26日

グランドパワー 2009年06月号 : 特集 ファイアフライと英軍シャーマン

 第2次大戦中にドイツ軍戦車に対抗するために、17ポンド砲を搭載したファイアフライを中心に特集。アメリカから供与されたシャーマン戦車の英軍での型式名を解説するとともに、英軍独自に追加された装備をイラスト多数を交えて詳しく紹介。独自のバリエーションの指揮戦車や砲兵観測戦車(シャーマンOP)、特別な装備だったトラックに偽装するためのサンシールドと上陸作戦用の渡渉装置のハウスボートも収録。2ポンド砲や6ポンド砲ではドイツ軍戦車に対し威力不足が判明した。その対策として17ポンド対戦車砲を搭載するまでの過程を解説するとともに、ファイアフライの車体細部を各種のバリエーションとともに解説。後半は、シャーマンVC型、IC型、ハイブリッドIC型を戦場写真でフォトアルバム的に収録。 50ページ。

・「絵葉書に見る日本軍:四号型重戦車(Mk.IV)」
 当時発行された絵葉書を中心に、大正7年10月24日に横浜港に到着したイギリス製のMk.IV戦車を紹介。一般公開時や各種試験の様子などの興味深い状況を知ることができる。日本の戦車の初期の歴史を綴った貴重な特集。18ページ(カラー4ページ含む)。

・「自衛隊の車輌と装備:小型トラック(ジープ)系列」
 警察予備隊から、三菱J4:1/4tトラック、三菱J54:1/4tトラック、三菱73式小型トラック(J24・J23・J25シリーズ)、1/2tトラック(V16):73式小型トラック(新)、日産パトロール/サファリを収録。歴史的背景を交えて、それぞれの小型トラックを解説。20ページ。巻頭カラーページでは、自衛隊のソフトスキン車輌として、現在使用されているランドクルーザー80系や救急車等を5ページで紹介。

・「日本陸軍の火砲(13)野戦重砲 加農砲その2」
 克式十糎半速射加農、三八式十糎加農、十四年式十糎加農を収録。解説と主要諸元を含め、図面と当時の訓練時等の写真多数を含めて特集。38ページ。

・「第2師団第3戦闘団の冬季訓練検閲」
 巻頭カラーページは第3普通科連隊を基幹とした、機甲化、特科、高射特科、施設科等の諸職種で編成された戦闘団検閲を紹介。本年3月上旬に実施され、一時は猛吹雪にもなった2夜3日の積雪寒冷地での過酷な状況での検閲の様相を7ページ収録。冬季迷彩も多種のパターンがあることがわかる。
posted by 都の御曹司 at 10:43| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする