2008年07月26日

捕獲戦車(シュピールベルガー著作集)

第二次世界大戦中、ドイツ軍は膨大な数の車両や兵器を独自開発して戦場に投入したが、これらとは別に特異な車両が存在していた。ポーランド、ベルギー、オランダ、フランスといった占領国の車両を一部改修してそのまま転用し、制式名称をつけて部隊配備した「捕獲車両」である。ドイツ軍車両研究の第一人者である著者が、数少ない資料を基にまとめたあげた傑出の一冊、堂々日本語版完成!貴重な写真・図版を500点余掲載。
posted by 都の御曹司 at 10:41| シュピールベルガー著作集(日本語版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする