2015年05月31日

グランドパワー 2015年07月号 : 特集 レオパルト1の開発と構造

■レオパルト1の開発と構造
 第2次大戦後の東西冷戦時代からドイツの戦車に関する状況を解説。フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグが1950年代に計画して、後日ドイツも参加した戦車開発計画であるFINABEL計画から開発史を解説。試作段階の車体も詳しく紹介。
 生産型の車体は、戦闘区画、機関系、走行装置、電気系、砲塔、武装、潜水装置に区分して解説。各型の解説は、第1次生産シリーズ、レオパルト1A1、1A2、1A3、1A4とともに、近代化改修が行なわれた1A1A1、1A1A2、1A2A1、1A3A1、1A5 を解説。実現しなかった発展型の計画も収録。オーストラリアやベルギー等の多くの国に輸出した型の特徴も解説。
 第2次大戦後の西ドイツの戦車開発史とレオパルト1を解説した貴重な特集。58ページ。

■レオパルト1主力戦車写真集
 西ドイツだった当時の陸軍が装備していたレオパルト1A1A1を中心に収録。演習中の車体や細部を確認できる写真を収録。26ページ。

■マニュアルで見るM24軽戦車その5
 今回はアメリカ陸軍M24技術マニュアルから、エンジン、動力伝達装置、起動輪等を抜粋して収録。22ページ。

■ソ連軍軽戦車の系譜(9)水陸両用戦車その4
 水陸両用戦車T-37Aの改良型である、T-37Aパーキンスディーゼル搭載型、T-43装輪装軌式水陸両用戦車、シティコフ戦車(T-37B)、T-37V、モロトフ戦車を解説。16ページ。

■巻頭カラーページ
 2015年4月12日に行なわれた「滝が原駐屯地創立41周年記念行事」を5ページ、同年4月19日に行なわれた「神町駐屯地創設59周年記念行事」を6ページ、同年4月19日に行なわれた「板妻駐屯地創設53周年記念行事」を2ページ、同年4月29日に行なわれた「下志津駐屯地創設60周年記念行事」を3ページ収録。巻頭カラーは計16ページ。
posted by 都の御曹司 at 12:20| 月刊グランドパワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ歩兵写真集 Vol.3 [ ドイツ陸軍 ]

■ドイツ陸軍歩兵写真集
 ポーランド戦、第2次大戦緒戦のフランス電撃戦、東部戦線、ノルマンディー地域の戦闘、ドイツの敗北時期等のドイツ陸軍将兵を紹介。軍服と個人装備品に焦点を当てて写真とともに解説。40ページ。

■ドイツ陸軍ユニフォーム
 イラストと写真で次の項目で解説。M36制服、階級章(佐官〜兵)、鉄帽、略帽、剣差し/携帯シャベル、弾薬入れ、飯ごう/ガスマスク・ケース、水筒、雑のう、サスペンダー、背のう、コンバットパック、携帯天幕(ツェルトバン)、オーバーコート、拳銃/ホルスター、軍靴、M43制服、M43規格帽、M44制服。20ページ。

■冬季装備歩兵写真集
 バルバロッサ作戦開始後のロシア戦線の冬季の服装と装備品を解説。ドイツ軍の冬季偽装も確認できる。イラストを交えて防寒衣(冬季戦闘服)と防寒靴を解説。12ページ。

■機関銃/迫撃砲チーム写真集
 機関銃チームは、シュパンダウ機関銃、MG15機関銃、MG34機関銃、MG42機関銃を収録。MG34とMG42機関銃は、三脚架に搭載して重機関銃として運用している写真も多数収録。弾薬箱と弾薬運搬具、機関銃用工具入、予備銃身ケース、重機関銃用三脚架はイラストとともに解説。迫撃砲は、8cm GrW34中迫撃砲チームを中心に解説。22ページ。

この別冊は、グランドパワー2006年6月号別冊「第2次大戦ドイツ歩兵in ACTION Vol.1」に収録していた記事を再編集したものです
posted by 都の御曹司 at 12:16| グランドパワー別冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

Panzer IV on the Battlefield



posted by 都の御曹司 at 12:28| Peko Publishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SU-85 and SU-100 on the Battlefield



posted by 都の御曹司 at 12:27| Peko Publishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする